なぜ「子育ては、住まいから」なのか?

例えば35歳の大人にとっての1年間は、人生において35分の1に過ぎない。でも、お腹の赤ちゃんにとってはどうだろう。たったひとつの受精卵から、10か月後にはヒトとして誕生してくる。0歳児、1歳、2歳、3歳の子どもにとっては、どうだろう。寝返りをうてなかったのに、立って、歩くようになる。「うーうー」だったのが「ママ」としゃべるようになり、気がつけば「おなか、すいた」と話すまで成長している。日々はもちろん、朝夕での子どもの成長を感じれば、「いま」という時間、そして育つ「環境」がいかに大切で、かけがえのないものなのか、親として実感、認識できるはず。それを認識して、親としてどう向き合い、どう振る舞うのか。子どもが育つ大切な時間には、それに適した環境も重要です。子育てと日常の暮らしを大切にするとき、子どもにとってどういう住まいがよいのか、必要なのか。突き詰めて考え、向き合い、それぞれの家族にあったカタチにしていく。それが『小川の家』の家づくりです。